WWWサービスのしくみのことを学びました

WWWについて勉強しました。WWWサービスはWWWサーバに登録されている文章などの文字や画像などの情報(Webページ)をブラウザというソフトウェアを使うことによって、簡単に入手することができるサービスです。Webページのうち、目次のあるページやWebページの内容を代表するページのことをホームページといいます。また、特定の管理者が運営しているWebページ群をまとめてWebサイトといいます。利用者は、インターネット上の情報の場所を示すURLを指定するだけで、目的のWWWサーバから情報を取り出して画面に表示することができます。URLに書かれたドメイン名は、DNSサーバによってIPアドレスに交換されます。これによって、ブラウザは目的のWWWサーバから情報を受け取ることができます。Webページには、文字や画像以外にも別のWebページへ移動するハイパーリンクの機能があり、利用者はマウスの操作だけで次々と関連した情報をみることができます。このしくみはHTMLという言語によって記述されており、パソコンやワークステーションなど異なるコンピュータでも情報を同じように表現することができます。知らないことを学べて良かったです。