韓流ドラマ、特に時代劇を鑑賞することです

韓流ドラマの中でも史劇を鑑賞する事。

1タイトル50話前後の大作を観て、歴史的背景や王室内のお衣装を楽しむのが毎日の日課となっています。日本とは違い中国や西洋の文化も取り入れられてるので、毎回お衣装が違ったり、刺繍や髪飾りなど小さな部分にもこだわりがあると感じる。また王室は両班として身分が高い方が身分の低い女性との恋愛をする設定が多い。周りから色々反発がある中気持ちを抑えられず、お互いに結ばれ視聴者としても楽しめる設定になっているところに魅力を感じます。

恋愛面は三角関係の設定が多く、想い人が結婚してもまた亡くなってもずっと一途に想っている描かれ方に感動する。そして日本人男性はクールで恥ずかしさを感じるが韓国ドラマではどのドラマでも「好き、愛してる」など素直に愛情表現する場面が多く、こうされたい!言われてみたい!もっと旦那さんに愛されたい!大切にされたい!という理想的な男性像が描かれていて、ドラマの仲だけどキュンとさせてくれるところに魅力を感じます。