周りの怪談おしゃべり恋愛たちを見て思った訳

暑い季節に変わると怪談声明が盛り上がってくる傾向があります。ゾッとする話を聞いて涼をとろうということだと思いますが、冷静に考えると大してアグレッシブな空想ですなと思います。
それはそれで特別いいのですが、こういう怪談声明フリークというのは実際僕個人が思っているよりはるかに人口が多いのではないかと目下考えるようになりました。仮に私の先回り通り「多い」とした場合、はたしてそれは何を意味しているのかをちょっと考えてみました。
結論としては「邦人は表層意識では無神論的状況を取り易いが、心情では実は随分信心奥深いのではないか」ということです。怪談声明は流石霊の話ですが、それに興味を持つということは目に見えない何かや誰かを信じたり畏れたり内面があるからではないでしょうか。
自分にしてはがんばって発明したと言いたい周辺なのですが、自身は神とか仏くんは信じていて霊も存在するだろうと思っているのに、怪談声明はざっと興味がないという人柄なので、ふと一心にわからなくなってしまいました。フルーツ青汁 価格