賃金スマでのベッキーといった中居正広との報告でぼくが思った実例

近頃話題になっていたベッキーのアバンチュールもめごと。
芸能動き復職として
代価スマで中居正広との演説が話題になっていました。
私も見ました。
中居様の申し立ては恐ろしいが所感は必ずや手厚く
ベッキーを思って言っている事が
見ているヒトにも伝わってきました。
ベッキーの呼び方を[ベツキー]と呼んで掛かる事でも
言葉が入ってこないなどという所感もありましたが、
中居様なりのベッキーが言葉をしやすいように
精神をやわらげるようにしていた物質なんだろうと思いました。
中居様が何度も[今や好きではないの?]というベッキーに確認する好機が自身はとても印象的だ。
涙を流しながら否定するベッキーを見て依然として好きなんだろうな、頑張って感情を消しているんだろうなと思いました。
アバンチュールだとはいえ本気の異性を通していたベッキーにおいて
何度もそのお尋ねを罹るのははなはだ苦しいのだろうなと思いましたがそれも中居様の優しさではないかと思いました。
ツイッター後や曲線報せなどの声明などにあったようにベッキーが一番最初にアバンチュールもめごとの箇所について演説したのが中居様でよかったなと思いました。ミュゼ うなじ