年を重ねる夫婦のあり方、考えさせられますね。

先月末、出てきたついでと言いながら義理の弟の母親が我が家にやってきました。年齢は70代後半だと思います。割と若いころから豪快でとてもインパクトの強い方だと記憶していました。性格は強気そのものですし、声もしゃがれてはいますが大きな声を張り上げていました。その人がなぜこの中途半端な時期に田舎から出てきたか不思議でたまりませんでした。たわいもないおしゃべりをしていると、突然、自分は夫婦ゲンカをして地元の警察を呼んだんだ、ご主人が物を投げたから危険を感じての行動だったと正当化するという武勇伝を始めました。あれを投げた時にここへぶつかったとか、色々永遠と。自分は悪くないの一点張りではありました。後から私の妹から聞くと、ご主人は物は投げていないし母親は自分でこけたんだよその時にこけたんだ全く、とのことでした。
警察まで呼んでしまったので、二人を落ち着かせるために息子である弟のところへ来ることになったそうです。私もびっくりですが弟夫婦も恥ずかしくてたまらないと烈火のごとく怒っていました。人にやさしく年を取るのは難しいのでしょうか。